包茎手術法の違いとメリット・デメリットを知っておこう

トップページ
お気に入りに追加
  

包茎手術法の違いとメリット・デメリットを知っておこう

包茎手術には様々な方法があります。

環状切開術」、「バックカット手術」、「亀頭直下埋没法」、「複合曲線作図法」などがあります。

 

包茎手術で最もポチュラーな方法なのが、環状切開術です。

ペニスをできるだけ伸ばした状態で、余分な包皮を環状(輪切り)で切除し縫合する方法となります。

 

手術時間も短く済むのと失敗が少ないといったメリットの他、裏スジを切除しないので感度が下がる心配もほとんどありません。

ただ、皮膚の色がツートンカラーになりやすいというデメリットがあります。

時間が経てば徐々に目立たなくなるとは言え、見た目を重視するなら、この方法は避けた方がいいでしょう。

 

バックカット手術は、重度の仮性包茎やカントン包茎、真性包茎の治療に広く用いられている方法です。

亀頭と包皮の癒着を剥がした後、包皮の開口部分から縦に切開縫合し、亀頭を出やすくする手術です。

 

体への負担が少なく手術時間も短く済み、後遺症のリスクも低いとされています。

ただ、傷跡が目立ちやすく、再び癒着してしまう可能性もあります。

 

亀頭直下埋没法は、勃起時に亀頭のすぐ下で余分な包皮を切除し、縫合する手術です。

そのため、縫合部分が目立ちにくく、突っ張るような違和感も感じにくいメリットがあります。

ただ、高度な技術を必要とする手術であるだけに、術後のトラブルの危険性が高い手術でもあります。

 

複合曲線作図法は、亀頭のカリの部分に隠れるよう包皮を切除し、傷跡が目立たず、自然な仕上がりとなる手術法です。

血管を1本ずつ確認した上で切除する場所を選ぶなど、細かい施術となりますので、手術時間が約1時間と長くかかります。

ただその分、出血や痛みが抑えられるといったメリットもある手術法です。

 

それぞれの手術法にはメリットもあればデメリットもあります。

手術前には、自分の症状や希望に合わせて、医師を相談しながら慎重に選ぶことが大切です。