Vカット小帯温存法とは何か?

トップページ
お気に入りに追加
  

Vカット小帯温存法とは何か?

包茎手術法としてVカット小帯温存法の特徴

 

包茎で悩んでいる場合には、クリニックで手術を受けてみるという方法がありますが、包茎手術にはいくつかの種類があるので、どれが良いのか?というのは迷う可能性もあります。

 

どれを選んでもメリット、デメリットがあるので、一概にどれが良いか?と言う判断は最終的に自分でしないといけませんけど、1つオススメなのは「Vカット小帯温存法」です。

これは小帯と呼ばれる部位、これはいわゆる「裏筋」と呼ばれている亀頭と包皮をつなげている部分になりますが、これを残したまま包茎を治す治療法になります。

 

この裏筋の部分をとってしまう方法もありますが、そうなると何が問題か?というと、刺激を感じづらくなってしまうというのがあります。

裏筋の部分は人によるかもしれませんが、刺激されると快感を感じる方もいると思われますから、それがないと損失ということも言えるかと思います。

 

また、裏筋の部分がとってしまうと、やはり見た目で包茎手術をしたのがバレてしまう可能性が高くなり、今後の人生にも影響を与えかねません。

やはり自分が包茎だったこと、そして包茎手術をしたことを知られたくないという思いは強いのではないか?と思います。

 

何のために包茎手術をするのか?ということと手術後の影響を考えたときに、特に望ましいのはこのVカット小帯温存法になるのではないか?と思います。

このVカット小帯温存法に興味がある場合には、これが行えるクリニックを探すというのも大切ですし、他の手術法と比較してどれが良いか?というのを最終的に決めることも大切ですね。