包皮を切除しない包茎手術のメリットは?

トップページ
お気に入りに追加
  

包皮を切除しない包茎手術のメリットは?

リスクの少ない切除のいらない包茎手術がおすすめ

 

包茎手術の方法には、亀頭のまわりに被さる包皮を切除する方法と、切除しない方法があります。

包皮を切除するとなればメスを使用して切り開き縫合する必要がありますから、ダウンタイムが長引いてしまいますし、術後の痛みも出やすくなっています。

 

包皮を切除しない方法の場合、吸収糸を使用して包皮が亀頭を覆う事がないよう縫合するだけですから、切除する方法に比べてダウンタイムも少ないですし、術後の痛みも少なくなっています。

 

どちらの方法でも入院は不必要となる事がほとんどですが、術後の痛みもあり切除する方法で包茎手術を受ける場合は、しばらくの自宅静養が必要になります。

体への負担が少ない方法で、ダウンタイムを取らずに包茎手術を受けたいのであれば切除しない方法での包茎手術がおすすめです。

 

二重瞼プチ整形などに使用される術式で施術が行われている事がほとんどですから、手術も短時間で済みますし、メスで開くという事がないので痛みを心配する必要がありません。

この方法で包茎手術を受ける場合、カントン包茎や真性包茎など、重度の包茎の方は選択する事が出来ないのですが、軽度の仮性包茎であれば切除しない方法で包茎を改善させる事が出来ます。

 

包茎の状態にもよりますが、切除しない包茎手術は10分程度で手術が完了し、費用も包皮を切除して行う包茎手術に比べるとリーズナブルですから、選択しやすい包茎手術の方法でもあると言えます。