矯正器具を使った包茎治療ってどうなの?

トップページ
お気に入りに追加
  

矯正器具を使った包茎治療ってどうなの?

包茎の問題は男にとっては性への満足や異性を喜ばせるという面が関係しているゆえに、治療していきたいところです。

一般には手術で治してしまう方法と治療により治すというものがあります。手術となると痛いし、怖いということがあったり、痛みがあまり出ないということであってもやはり手術をすることには抵抗があるということがあるかもしれません。

 

そのような人にとっては手術は最終手段であり、まずは治療して包茎を治すという選択をしたいと思うものです。

 

治療の方法ですが、それは包茎矯正器具をつけることで隠れている亀頭が常時出るようにするというものです。

包皮がむけるという癖がつくことになるのでそれによって包茎ではなくなっていくというものです。

 

この矯正器具ですが、下着に取り付けるタイプのもので見た目はほとんどわからないほどよくできているものや、リングタイプの余分な包皮をペニスの根元に集めた状態でリング状の器具を装着することで癖をつけるというものがあります。

 

また接着剤タイプのもので、包皮をペニスの根元に集めた状態で接着するというものもあります。

こうした器具は破損することもあれば、接着剤タイプですと炎症というリスクがないわけでもないために慎重にどれをやってみるかを検討することができます。

 

いずれにしてもまずは専門のクリニックでカウンセリングを受けることは大切です。

こうした治療法の幾つかを提案してもらえるかもしれません。包茎を治して夜の生活も元気になりたいものです。