自分のペースで改善を試みよう

トップページ
お気に入りに追加
  

自分のペースで改善を試みよう

遅漏であることを気にしない女性は少なくありません。

素直にパートナーの女性に悩みを打ち明けて受け入れてもらうことができれば、精神的にはかなり楽になります。

 

遅漏であることを悩みすぎてしまって性行為自体に恐怖心を覚えてしまったら、ますます気持ちよく射精することから遠のいてしまいまうでしょう。

女性としては好きな人のそうした悩みを受け止めたいですし、相談してもらえれば嬉しいと思います。

 

その上で男性側も自分のペースで焦らずに、遅漏改善のために努力を行っていって欲しいです。

 

遅漏の原因として考えられるのは、性欲の減退ではなく普段行っているオナニーの方法だとされています。

オナニーの際にペニスに与える刺激が強すぎてしまって、膣では物足りなさを感じてイくにイケなくなってしまうというかたが多いです。

 

改善策として、自身のオナニーの見直しをまず考えるようにしましょう。

手で強く握って高速で擦っているかたなどは特に要注意です。

 

可能であれば自慰の際にオナニーホールを利用して、女性器で快感を得る練習をするのがおすすめです。

その際にも仰向けで軽く足を開いたり、身体を起こして立膝で少し前のめり気味になるなど、実際にセックスをするときと近い体勢で行って射精をするようにしてください。

 

そこで快感を得られるようになれば、本番でもイキやすくなります。

遅漏はいきなり改善するものではありません。焦らずに少しずつイキかたを覚えていきましょう。