専門のクリニックでの治療をおすすめします

トップページ
お気に入りに追加
  

専門のクリニックでの治療をおすすめします

自分で剥くことができない包茎の場合には手術しか改善の方法はありません。

手術を受ける場所として病院の泌尿器科か包茎治療を専門としているクリニックの二つがあり、実際にどこで治療しようか悩んでいるかたも多いでしょう。

 

それぞれにメリットとデメリットを充分に理解して選ぶ必要があります。

 

病人の泌尿器科で手術を受ける場合の一番の利点は、保険が利くために手術費用が3割負担で済むというところです。

手術方法にもよりますが、入院後に3万円前後の手術で状態を改善させることが可能になります。

 

しかしデメリットとしては、あくまでも病院で包茎という疾患をただ治療するだけですので、見栄えが患者の思い通りにならない可能性が高いというところです。

もちろんきちんと考慮して手術をしてくれる医師もいますが、その辺りの配慮やカウンセリング時の打ち合わせの内容の濃さは包茎治療専門クリニックが勝っています。

 

包茎治療専門クリニックは自由診療になることから、治療が全額自己負担で手術に15万円前後かかってしまうのが難点です。

しかしながら日帰り手術に対応しているところが多く、日常生活のリズムを崩さずに対応してもらえるところ、手術の方法を複数から選べるところ、オプションとしてペニスの増大手術などさまざまなことを行えることから、比較的患者の希望を聞いてもらいやすいというのがメリットになります。

 

真性包茎の場合は特に手術痕が残ってしまいやすいですので、傷が気にならないようにどういった方法を取ればいいのか術後のこともよく考えて対応してもらえます。

 

そういったことから、高くても満足度を重視して専門クリニックを受診している男性が多い傾向です。

もちろんできるだけ安い費用で治したいというのであれば泌尿器科の治療も充分に有効ですが、これからお付き合いしていくペニスの状態をより良くしたいと考えているのであれば、専門のクリニックを選ぶのことをおすすめします。