長茎術の二つの方法とメリットについて

トップページ
お気に入りに追加
  

長茎術の二つの方法とメリットについて

男性にとっては大きさとか長さと言うのは切実な問題でもあります。小さいとか短いとかいうことで大きなコンプレックスになってしまったり、心因的なEDになることも少なくありません。

 

しかし、長茎術という手術を受けることによってそのコンプレックスから解放される方法もあります。

長茎術はペニスの長さを長くするための手術のことです。

 

長茎術と聞けばほとんどの人はペニスにメスを入れる手術を想像されると思います。

しかし、長茎術においてはメスを入れる手術もありますが、メスと入れない手術も存在します。

 

簡単に言いますと、メスを入れる手術はメスを入れることによって、緩んでしまっている靭帯を引き延ばす治療を行うことによってペニスのサイズを伸ばすことができますし、メスを入れない手術では糸を使うことによって、長くなった状態のペニスを固定することによりペニスのサイズを伸ばすことができるのです。

 

メスを入れない手術ではメスを入れないというメリットと費用がメスを入れる手術よりも安いことで長茎術の主流となりつつあります。

 

長茎術のメリットとしてはペニスのサイズアップができることです。人によって差がありますが、平均的には5センチ前後のペニスのサイズアップが期待できますし、仮性包茎の人はペニスがサイズアップすることによって仮性包茎も治療できることになります。

 

ただし、真性包茎やカントン包茎では、サイズアップしていも包茎に治療にはつながりません。