切らない包茎手術とはどんなものか

トップページ
お気に入りに追加
  

切らない包茎手術とはどんなものか

包茎の治療手術は一般的に陰茎の余った皮を切除することによって行われます。

これは重度の真性包茎であっても確実に治療が可能で通常であれば他の方法を考える必要はないのですが、どうしても性器にメスを入れることに抵抗のある人もいることでしょう。

 

また、施術後は見た目にどうしても大きな変化があり術後しばらくは風呂や性行為などが制限されるという問題もあります。

そこで近年では軽度の仮性包茎に限り、切らずに行うことができる包茎手術が開発され注目を集めています。

 

手法や値段などはクリニックによって細かく異なりますが、基本的には勃起時や手で皮がめくれる程度の仮性包茎の場合のみ可能で、その具体的な手術方法は二種類が用意されています。

 

一つ目の方法は、余っている包皮をめくったあと根本にそのまま定着させるというものです。

定着には糸で縫い止めるか医療用の接着剤を使いますが、接着剤は固定する力が弱く本当に軽度の症状にしか適用できないため、ほとんどは糸で縫い止める方式が採用されています。

 

糸で縫うとはいえ痛覚のない皮の部分ですから痛みはまったくなく、皮が引っ張られる感覚もすぐに慣れる程度のものとなっています。

手術にかかる時間も短ければ10分程度で済み、シャワーであれば手術当日から浴びることも可能です。

 

二つ目の方法は、無害な物質を注入することで亀頭そのものを増大させ包皮が自然に引き下がるようにするというものです。

これは包茎手術と同時に短小の悩みにも対応するものとなっています。