切らない包茎手術はメリットが非常に大きい

トップページ
お気に入りに追加
  

切らない包茎手術はメリットが非常に大きい

自分の包茎に悩んでいて、手術をして改善したいと考えている方もいると思います。

そういった方は、いろいろな手術方法の中から、ベストな方法を選んでいくことになりますが、切らない手術方法というのもあります。

 

それはいわゆる包皮小帯という部分を切らないで行うもので、これによって非常に大きなメリットがあるのです。

それは何か?というと、特に大きいのは性感帯が維持されるということです。

 

この包皮小帯は裏筋と呼ばれているものになりますが、人によるかもしれませんが、ここが特に性感帯として機能している方もいます。

その場合に、ここを切ってしまうと、性行為時に快感を感じづらくなります。

 

そうなると、包茎手術をした意味が薄れてしまう恐れもあるので、できることならばここは残しておきたいという方もいます。

そして、もう1つのメリットとしては傷跡が残りづらいという点です。

 

切らないので、それだけ傷跡にはなりにくいですし、ほとんど外見からでは分からないでしょう。

 

自分だけが傷跡に気付くくらいならば良いかもしれませんが、パートナーに見られてしまうと、かつて包茎だったということが知られ、自分の中のプライドみたいなものが傷つくということもありますから、やはり手術跡が見えないやり方の方が多くの方にとってはやはり支持されるのです。

 

これから包茎手術を受けようと考えている方は、切らない手術方法の方が、よりメリットがありますから、考えてみましょう。